若い頃のノーケアがどんときてます

小さい頃の夏なんて特にどれだけ黒くなれるかを競う感じで毎日ノーガードで遊んでいました。

まぁ、小さいうちはみんなそんな感じだと思います。

でも私は二十歳を越しても日焼け止めも塗らず帽子もかぶらずポイントメイクだけして日中歩き回っていました。

車も持っていなかったので本当に外を歩くことがとても多かったです。

もともとそばかすが赤ちゃんの時からあってこういうものだと思ってましたし、ましてやしわやたるみのことなんて考えてもいませんでした。

夜更かし続けてもへっちゃらで肌に変化が出ることもありませんでした。

一人暮らしをしていたのでお気楽に過ごしてました。

だんだん変化が出てきたのは結婚してからです。

20代後半で結婚して今までの一人のお気楽生活から一変、やることが増えて慣れない生活にストレスもふえだしたらなんだか肌が衰えてきた感じがしました。

でもこの生活にも慣れてきたらそれほど衰えも感じなくなりました。

最初の子をそんな頃に生んでやっと日焼け止めをぬってメイクもUV対策のあるものを使用するようになりました。

忙しいながらも楽しく過ごしている30代になったら急にお肌に変化が訪れました。

目の回りの小じわが目立つようになってきました。

もともと表情が常に笑ってるみたいなのでシワにはなりやすかったのですがシワが戻らないってなってきました。

それから帽子を被って外出するようにしました。

でも全部策が遅かったのでしょうね。

症状が現れる前に予防っ!を身に染みて感じています。

私には関係ないと思えてもちゃんと受け止めて聞き入れる力をつけておくのは大切だと感じているので子供たちが年頃になったらしっかり伝えていこうと決めています。

年齢とともに?!毛穴の広がり・黒ずみ

毛穴がなんとなく目立つ・もっときめ細やかくならないかな?と気になり始めたのは20代。

その頃は冷水で顔を洗ったり、冷蔵庫で冷やした化粧水を使ったりしていれば、顔が引き締められて毛穴も小さく目立たなくなっていました。

そして出産を二度経験した30代の今に至りますが、妊娠中や産後はどうしても自分の顔や身体のお手入れが後回しになってしまい、特別なケアを怠っていたからでしょうか。

20代の頃に行っていた応急処置では効果が薄くなってきている気がします。

汗をかけば自分より先に子どもの肌の手入れをし、お風呂に入れば赤ちゃんも使える全身用のクリームを一緒になって顔・身体に塗っておしまい。

「30代(だったかな?)はお肌の曲がり角」という言葉を耳にしますが、まさにそうで、ケアをしているかどうかがお肌の分かれ道になっているように思います。

化粧水や乳液、クリームはライン使いすることが一番効果があるとネットや雑誌で見かけます。

その化粧水のための乳液、という具合で作られているのでしょうからそれは当然だと思いますが、今までケアを怠ってきた私にとっては、どのメーカーのスキンケアを使うと良いのか、自分の肌トラブルには何が合うのかがわかりません。

今更いろいろ試すという気にもなれず、今日も子どもと同じクリームを使ってしまっています…。


PAGE TOP