20代の頃とは身体もお肌もまったく別ものになる!

30代になっての肌の悩みはずばり目まわりのたるみとシミです。

本当に30代になっていきなり目立ってきました。

冬の感想している時期など、お風呂を出てすぐに化粧水をつけないと
つっぱる感じがします。

若いころはもともと持っていたコンプレックスなどが主な悩みでしたが
30代になると変わり始めた実感がありこの先の不安などに悩み始めました。

太りやすくなり、全体的に重力に逆らえない感じになってきました。

体重が以前と変わっていないのにもかかわらずお腹、お尻、太ももがあきらかに太くなりました。

若いころはまったく気にしなかった甘い食べ物や食べる時間などを気にせざるを得ない状況になっています。

髪の毛を洗う時の抜ける本数がが尋常じゃありません。

確実に薄くなっていってると感じています。

お肌のケアについては、若いころはさっぱりを目指していましたがは30代になってからはしっとりを目指すようになりました。

とにかく保湿。

それから頬や目のまわりをお風呂の中でマッサージしています。

身体についてはとにかく筋肉をつけないといけないので今まで電車移動していた距離は自転車で、自転車を利用していた距離は歩いて
エスカレーターやエレベーターではなく階段を使うよう意識しています。

20代では考えられない体の疲れ

30代になって20代では考えられないほど疲れやすくなりました。

今現在パートで実働4時間働いているのですが、20代の頃は、実働8時間働き、残業までしていました。

それでも休みの日は友人とスポーツなどをして楽しんで、次の日は軽い筋肉痛になる程度でした。

普通に徹夜もできて、仕事も遊びもバリバリこなしていたのが懐かしいです。

ところが今では、少し働いただけなのに、疲れがどっとでてきて、家事がおろそかになってしまうほどです。

休みの日は疲れて起き上がれないほどなので、昼まで寝てしまうのですが、体が痛くなって起きてしまいます。

それも若いころにはなかったことです。

このままではいけないと思い、散歩をしようとはじめたのですが、何時間も運動したかのような疲れで、次の日仕事に影響がでるぐらいの
筋肉痛になってしまいました。

肌の荒れもそうです。

少し夜遅くに寝たら、つぎの日肌がぼこぼこになり、毛穴がひらいてファンデーションののりは最悪です。

ひりひりしてとても化粧どころではありません。

友人に、「30代の肌荒れや、体の疲れは、チョコラBBを飲むといいよ。

」と勧められたので、飲んでみたのですが、あまり効果がありませんでした。

体力をつけるために散歩は続けようと思います。


PAGE TOP